在宅医療についてご存じですか?

在宅医療とは

通院が困難な方や入院を余儀なくされる方に対し、医師や看護師が自宅や入居されている施設に訪問して治療を行うことを「在宅医療」と言います。

住み慣れた環境で患者さまの生活環境に合わせた適切な医療を受けられる「在宅医療」はこれからの時代に沿った新しい医療の形です。

大仙病院の在宅医療の特徴

機能強化型在宅療養支援病院の認定を受けております。

24時間医師または看護師と連絡がとれて、往診を行うことができる在宅療養支援病院の中でも、緊急往診の実績や看取りの実績等を満たした上で、複数の医師で訪問診療を行っている医療機関を機能強化型在宅療養支援病院と言います。
当院はこの機能強化型の要件を満たしており、地域の在宅医療の中心的役割を担う医療機関として運営しております。

平成29年4月現在
常勤医師 6人
緊急の往診実績 ― 件
看取り実績 ― 件

※いずみクリニックとの連携数字を含みます。

入院設備や寝たきりの患者さまの送迎に使う救急車を保有しています

寝たきりの患者さまの受診に利用しています。

入院について詳しくはこちら

法人グループ施設で様々な連携を行っております。

退院後のリハビリ施設として介護老人保健施設やサービス付高齢者向け住宅など、医療法人大泉会グループ内で、住まい・医療・介護・予防が一体で提供できる地域包括ケアシステムを整えております。

地域包括ケアシステムについては
こちら

皮膚科の往診を行っています。

在宅患者さまに限り、褥瘡対応等、臨時の対応として皮膚科の往診もすることがあります。

対象となる施設

ご自宅
特別養護老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム(A型、B型、ケアハウス)
有料老人ホーム
サービス付き高齢者向け住宅
特定施設・地域密着型特定施設・外部サービス利用型特定施設
短期入所生活介護事業所
認知症対応型共同生活介護事業所 (認知症高齢者グループホーム)
小規模多機能型居宅介護事業所、複合型サービス事業所(宿泊サービス時のみ)

対象となる地域

●堺市(全域)
●高石市(一部)
●大阪市(一部)
●和泉市(一部)
※但し、片道20分程度の地域へのご訪問となります。
(対応地域詳細につきましては、お電話にてお問い合わせください。)

様々な在宅診療

患者さまの健康状態や生活状況に合わせて、様々な形での在宅診療を行っております。


ページトップへ